相続とは遺族の資産や不動産などを引き継ぐことで、その引き継ぎすることに対して発生する税金は相続税となっています。

相続に関する税金と聞くと、相続できるものが少額だから関係ないと考えがちですが税金が改正されるため、今後は相続税の対象となる方が増えることが予想されます。

そもそも相続に対しては基礎控除というものがあります。基礎控除とは相続に対する額面から一定の金額を控除することで、この控除額を超えない限りは相続税は発生しません。


監査証明はとにかくお勧めです。

今までは相続者一人あたり約6000万円程度の金額であれば相続税は発生しなかったのですが、2015年1月1日に改正されることでこの金額が3600万円まで引き下がります。

相続放棄の相談は絶大な支持を受けています。

このため今までは対象外だった方でも差額で約2400万円も差が出るのです。
このことから適切に処理することが必要となるでしょう。

改正前に相続処理をしてしまうことや、専門家に相談するなどの対応が求められます。

また資産を引き継ぐ場合なにも価値があるものだけとは限りません。


弁護士の千葉のことならこちらをご活用ください。

価値がないむしろマイナス評価であるものや借金などを相続する場合もあるでしょう。

必ずしも相続する必要があるわけではなく、放棄することも可能です。

相続放棄については相続の対象となる方が相続人になったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所にへ相続放棄申述書を提出する必要があります。




それが家庭裁判所に受理されて認められれば、相続放棄申述受理通知書が交付されて相続放棄が完了します。


相続税の物納が話題になっています。

借金などを放棄したい場合や遺産争いに巻き込まれたくない場合はこのような手段があることも知っておきましょう。

http://www.ichiben.or.jp/
http://www.souzoku-kyoukai.com/
http://www.souzoku-adv.com/


Copyright (C) 2015 意外に知らない相続放棄の仕方 All Rights Reserved.